笑い話。

ここでは、笑い話。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第五話      聞きたくない聞きたくない




あれはそう・・・10年も昔になるかな~?

私がまだ、ピチピチで美しかった頃のお話。



当時勤務していた、大阪南のとある高級クラブでの出来事。

その日も美容院にギリギリだったのでインスタント食品を食べて出勤した。



接客中・・・ゴロゴロ・・・痛い・・・お腹痛いわ・・トイレにいかな・・・と思い

お客様に「ちょっと失礼します┏○" ペコリ」と挨拶しダッシュ・・
ε==ε==(ノ・∀・)ツ ||WC||滑り込みセーフ C=(^◇^ ; ホッ!っと一息        

(*´Д`)スキーリした瞬間!!ガヤガヤと他の従業員が入ってきた・・・。



(;゚д゚)ァ.... 苦手なYちゃんとFさんや!嫌やな~・・・

と思ってたら二人の会話が大きな声で始まった・・・
出られへん・・( ̄へ ̄|||) ウーム



Fさん 「Yちゃ~んあたしさぁ客にもうちょっと顔のどこかが違ったら別嬪やのに~って言われたわ~・・・。」


Yちゃん 「えー!十分綺麗やで~失礼な客やんな~?」



Fさん 「そんな事ないよ~w自分でもぉもうちょっと鼻が高かったらな~って思うわ~w」


Yちゃん 「悩んでるの?」


Fさん 「悩んでるって事は無いよ、出来たらな~って・・・」最後まで言い終わらぬ間に


Yちゃん 「じゃあ、整形したらええねん!!」


えっΣ(`エ´;) 薦めるか普通?





Yちゃん『私みたいに!(´∀`*)ウフフ』





エェエェエェエェエェエェエェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェエェエェエェエライコッチャ


私みたいにって・・あんた整形かぃな!!(°◇°;) ゲッ

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル クラブの姉ちゃんは怖いw100人のうち半分はいじってるらしい・・・ |*ノI|コソリ



その二人が出るまで出るに出れず・・・席に戻った頃には

お客様は怒って帰られてましたとさ・・あ~ぁ(。´・ω・`。)ショボーン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する