怖い体験談3

ここでは、怖い体験談3 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第三話              お風呂





 これも夏やったかな~?たぶん夏休み。



 田舎でね、母親が妹を抱いて座ってる写真を婆ちゃんが出してきて

変やって言うんです。

で、よーく見ると確かに左の角のほうに何か~人の顔のようなものが・・・

写ってて写真屋さんで引き伸ばしてもらったんです。



婆ちゃんは年寄りなだけあって目が悪いので、老眼鏡をかけて

その写真をじーっと見つめて・・・・・・

「あっ!これ○○さんとこの××さんやわ~」って言うんです。(名前忘れてしもた^^;



その角に移ってたのはアゴヒゲが立派な男の人で、婆ちゃんの近所の人

みたいなんです。

何で顔だけ写ったんやろう?と私は思いました・・・すると婆ちゃんが

「この人、死んでるよ・・・。」

うそーっ!じゃあ、これって心霊写真?!



何か母と妹が写真を撮った後ろに石垣が有って、軽トラックでそこから落ちて

亡くなったらしんです・・・。お盆も近かったからでしょうか?

出てきちゃったんですね・・・・。



夏休みも終わり・・・私達家族は大阪に帰り学校が始まり通常の生活を

おくっていました。

ある晩、私は風呂に入り頭を洗っていたんですね。



そうそうクラブ活動をしていたので念入りに洗ってたんです。

うちは団地の5階で 水圧が低くシャワーが使えなかったので

洗面器でお湯をすくい流してたんです・・・・最後の一杯をかけ終え

首を上に上げた瞬間っ!!!!!!!!!!!



ギャーッ!!!(声にならないけど叫んでる)

その写真の男の人の顔だけが目の前に!!

失神寸前でした・・・・その男の人の顔はだんだんと小さく遠くなっていき

ふっと消えてしまいました。



それからですね、私が一人でお風呂に入れなくなったのは・・・・

だって頭を洗ってると気配を感じるんです・・・・人とは違う何かの・・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する