怖い体験談7

ここでは、怖い体験談7 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、世の中には本当に恐ろしい事がたくさん有りますよね。

今から話すお話は現実が影響大な出来事だったんです・・・。







  第七話            生霊





もう10年ぐらい前になりますかね、その頃 私は女の子の友人と共同生活を

送っていました。



二人とも夜の仕事をしていましたが、お店が近かったのでよく一緒に帰宅しました。

ある晩、その子から店に電話が有り今日は友達を連れて帰るとの事でした。

次の日が休みとゆう事も有って、仕事がはけてから一件飲みに行き帰宅しました。



帰ると初めて会う友達Jちゃんが挨拶をするんだと起きて待っていてくれました。

三人で色んな話に花を咲かせ、明け方に眠りにつきました・・・。

何十分・・・いや・・何時間経ったのか・・・何故か目が覚めました・・・



あれ?何か聞こえる?・・・・・・・・・・・・・・・オンギャー・・オンギャー・・・??

赤ちゃんの泣き声が・・・ぇ・・

すると一緒に住んでる友達が横でうなされてたので、揺すって起こしました。



「なあ?この声聞こえてる?」と聞くと彼女もうなずきました。

声のする方を振り返ると例のJちゃんの背中が見えました・・・

嘘?!おかしぃ・・・彼女は独身やし子供も居ない・・・



二人が真っ青になって震えてると、その子がむっくりと起きて来てベッドに座り

こう言ったんです・・・。



「おいっN!煙草一本くれやっ!おおっ!お前も俺と一緒のパーラメントやったなぁ?」

って・・・・凄く低い男の人の声で・・・・



Nとは私の事ですが、何で男の声?それにJちゃんは煙草を吸いません・・・

吸い慣れた感じで美味しそうに吸うJちゃんを見ておののきました・・・・

これって・・・凄くヤバいんじゃぁ・・・と思いましたが、夕べ飲み過ぎたせいで

どうしてもトイレに行きたくなり友達に見張っててと頼みトイレへ・・・・



「キャー!」友達の叫び声!慌てて部屋に駆け込むとJちゃんが包丁を

振り回していました・・・。

取り合えず包丁を取り上げJちゃんを押さえつけて二人で抱えて車に・・・



行き先は私の知り合いの霊媒師のおばちゃんの家へ・・・・

行くとおばちゃんは玄関の前に立って「来るの解ってたわ」と言い、続けて

「変なもん連れてきたなぁ・・・・」と呟きました。

変なもん?と思いましたがjちゃんが暴れるので直ぐにおばちゃん家へ・・・



お祓い?らしきものが始まりました。

おばちゃんが 「二人でしっかり、その子を押さえつけとけっ!」と叫びました。

必死になって二人がJちゃんの片腕づつ持っているのですが凄い力で振り回されそうに

なりました・・・。(なんちゅう力や・・・)



お祓いの途中でおばちゃんが、この子には浮遊霊が二人も憑いてると言い

お水子さんが22体も・・・・凄すぎる・・・・とおばちゃんは言葉を詰まらせました・・

その後、一言「それに妊娠しるわ・・・」と言う言葉に私達は驚きを隠せませんでした・・・・お祓いが進み・・・・もう終わりかと思いましたが・・・それだけでは済まなかったのです・・・・・。



いきなりおばちゃんがJちゃんに向かって大声で

「お前は誰やっ!」と叫びました。

するとJちゃんは違う女の人の声で・・・・

「オウム・・・・」と言ったのです・・・。



お祓いが終わり・・・・全てを聞きました・・・。



このJちゃんって子は不倫をしており、その不倫相手の子を2年半で22体もを堕胎

しており・・・不倫相手の奥さんに呪いまでかけられていたんです・・・。



もっと最悪なのは、その不倫相手がJちゃんを好きすぎて生霊として憑いていた事

でした・・・。生霊とは念から出来ており、本人は気付いてなくて気付くまで離れない

らしいんです・・・。



お祓いは済みましたがJちゃんが生霊の呪縛から解き放たれたかどうかは不明です。

この後、消息不明になってしまったからです・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する